archive

2017年12月29日

サイディング

建物の外壁の下地材、または、仕上材としてサイディングが多く使われます。様々な模様があり、好みによって選ぶことができます。一般的な住宅は、模様有りのサイディングを仕上としているのが、一歩外に出て、建物を見れば分かります。下地材として使用した場合には、リシンやジョリパッドなどの塗装工事を施して仕上とします。
サイディングは柄だけでなく、厚さ・サイズにも種類があり、それぞれ違う性能を持っています。例えば、防火認定のとれた施工法の場合は、厚さ16mm以上でなければいけなかったり、木造の下地か鉄骨の下地かで、縦貼りができる物とできない物があります。
サイディングの割付方も意匠の面では重要な検討事項となりますので、下調べをし、適したサイディングを用いなければいけません。また、目地の処理の仕方なども突き付けや、シール、金物納まり等の種類がありますので、組み合わせの仕方、性能の維持の仕方を考慮して選定していきたいと思います。y

contact
pagetop