archive

2017年12月29日

木材

木材には、心材・辺材があります。
樹心に近く、色の濃い部分を心材、外周に近く、色の薄い部分を辺材といいます。
心材の色は、その樹種特有の色ですが、杉のように、同じ材種でも色調が違う場合もありますし、米栂など色調の差がないものもあります。
辺材の細胞が死んで変質し、赤茶色に変色しているため、赤身ともいわれます。
心材と辺材では、耐久性に大きな差があり、心材の方が腐りにくく、耐久性が高いため、耐久性の求められる部位に適しています。i

contact
pagetop