壁面緑化
hekimen ryokuka

壁面土壌t=100mm
芝H=200~300
水栓:自動

植物の気化熱を利用する

壁面緑化を施すことによって、植物の気化熱を使い外壁温度、室内温度を四季を通じて一定にします。
サーモグラフィーの実験結果からもわかるように、夏場の熱環境は格段に周囲に比べて下がっていることがわかります。外構にかかる費用を緑化を建築に取り込むことによって、プライバシーを高め、熱環境の改善、街並にも貢献します。機械設備にだけ頼るのではなく、自然に逆らわない建築のひとつです。

contact
pagetop