シンク

2019.04.19

follw us

  • facebook
  • twitter

食べ終わった後の食器を洗うのが毎度なかなかめんどくさいですが、やらないわけにはいきません。自宅のキッチンのシンクが、幅が30㎝程しかないため、食器どうしを、なるべくぶつけないように神経を使いながら洗っています。
ひとり暮らし用のミニキッチンのシンクなので仕方ないですが、一般的には、幅60cm以上の大きさがあると、鍋やフライパンも入り、大きな洗い物もできるようになります。シンクが大きければ洗い物が楽にはなりますが、その分、ワークスペースが縮小してしまうので、キッチン全体のサイズに見合った各スペースのサイズ検討が必要になります。
鍋も入るようなビルドインの食洗機を導入して、シンクのサイズを最小限にすれば、食器は軽く水で流して、食洗機で洗浄、ワークスペースもその分広くなり、お子さんと一緒に楽しく料理ができるようになるなど、キッチンの計画だけでも、生活の仕方が大きく変わります。自分が体感したことをふまえながら、より豊かな生活を考えていきたいと思いました。staff y

follw us

  • facebook
  • twitter

© atelier lx architecture design office

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...