仕組み

2021.02.11

follw us

  • facebook
  • twitter

コンクリートの打ちっ放しの壁に、等間隔で穴のようなくぼみがあるのを誰もが一度は目にしたことがあると思います。これはセパ穴というものです。RC造の壁の作る工程の中でコンクリートパネルという板を用いて、型枠を組み立て、セパレーターとPコンという金具で、この型枠を固定します。固定をしないとコンクリートを流し込んだ時に中から外へ向けて強い圧力がかかるので、必ず必要な器具となります。コンクリートが固まった後は、セパレーターは壁の中に残りますが、Pコンは取り外すことができます。この時にできる穴がセパ穴と呼ばれるものになります。この穴がバラバラになっていたり綺麗に整っていないと、打ちっ放しのデザインを損なうこととなります。ですので、コンクリートを打設する前に、このセパレーターの割付を検討することが大事になります。
外壁では穴が開いたままだと、雨が壁の中を浸透してセパ穴から、水が滲み出るという可能性もありますので、モルタルで埋めたりします。
最近ではこのセパ穴を用いて、フックをかけられるようにしたり、デザイン性のある蓋のような装飾品も出てきているので、好みに合わせて空間を自分の色にすることができると思います。
コンクリート打ちっ放しの壁に関してのちょっとした紹介でした。何かお役に立てれば幸いです。

follw us

  • facebook
  • twitter

© atelier lx inc.

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...