住むということ

2020.10.01

follw us

  • facebook
  • twitter

建築においての合理性とは、使い勝手がよく普遍的なものと捉えています。LDKがあり寝るところがあり、大きくもなく小さくもない基準的で無駄なく能率的に生活が暮らせることは、それも大切だと思います。ですが、設計事務所という立場である以上は、そこに革新的なもの取り入れて生活に刺激を与え、より豊かな生活を送ることができる提案をしなければならないと考えています。ただ、革新性が突飛し過ぎてしまえば、受け入れることが困難になってしまうので、バランスが大切になります。

社会人1年目の時に、高校生の時のバイト先の副店長とばったりあった時に、自分の仕事の話をした結果、家は住めればいいと言っていたことが、なんとなく心にずっと残っています。
住めればいいというのは、最低限なのか、それでも家族と一緒であればどこでも幸せという意味だったのか、その時の自分では答えがすぐに出なかったです。
そして、今考えるのは、もっとその人に寄り添うことが大切だと思いました。
その頃の自分は、かっこいい外観や仕上げばかりを考えていて、家族とは何かとか住むとは何なのかを全然考えることができていませんでした。
まずは合理性というものをしっかりと把握してから、自分のオリジナリティや革新的なものを追加してバランスのとれた提案をしていきたいです。

follw us

  • facebook
  • twitter

© atelier lx inc.

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...