敷地調査

2019.02.08

follw us

  • facebook
  • twitter

先週、約6mの高低差がある複雑な形状の土地のレベル調査をしました。約1時間半掛けて、敷地全体のレベルや現況の道路であったり法面の様子だったりを確認しました。たまに街中とかで、三脚に取り付けられたカメラみたいなものを、どこに標準を合わせているのかわからないような方に向けて覗いていて、かなり離れたところに、長い棒を盛った人がいるというような光景を見たことはないでしょうか?それは、距離や高低差を調べている最中であったりします。
調査後は図面化をしますので、少しでも違いがあれば計画案が成立しなくなったり、大きなミスに繋がるので、注意して作成をしていきます。特殊な土地でなくとも、建物が建つ前の現況というのは、すごく大事なことなので、人通りなどの交通量、周囲の建物の高さによる、日差しの入り方、周囲にも注意していろんなことを発見できるようにしていきたいと思います。

follw us

  • facebook
  • twitter

© atelier lx architecture design office

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...