ものづくり

2009.01.16

follw us

  • facebook
  • twitter

最近、ご質問の多い内容を今日のブログにしようと思います。
アトリエ ルクスでの建築、住宅が完成するまでの期間についてです。
まずは、始めてお会いして、設計に入っていくまで、十分にお互いを知り合う
ことから始めています。これは、その建築の方向性を決める大きな決め手になります。建築、住宅、生活に対するスタンスを十分に知り合う必要があると思います。
その段階を経て土地の状況を総合的に創出されたものが初期案の
プレゼンテーションへとつながります。そのプレゼンテーションを元に様々な生活条件を当てはめたり、シュミレーションしていきます。この段階でコンセプトを固めます。そこから設計図面に落とし込んでいきます。設計完了までに要する期間はまちまちですが、最低でも6ヶ月ほどは要します。そこから、工事業者さんを選定していき、金額を決定するために、調整をしていきます。その後着工となり、現場で、今までの設計内容を膨らませながら、
形にしていきます。このように考えると、1年はすぐに経過してしまいますし
、無駄な時間は、ほとんどありません。全ての段階において、ものづくりを
前提に話しが進んでいきます。良い箇所はより伸ばし、悪い箇所は修正をし
ていく。この繰り返しではないかと思います。全ては、より良い完成を目指して。最近よく感じるのは、冷静な判断、賢い選択をするには、ある一定の時間
が必要ではないかと思っています。ものづくりの現場は常に、時間との戦いでも
あります。クライアントはそれぞれ違います。時間の使い方も違います、この違いを私は大切にしたいと常に考えています。

follw us

  • facebook
  • twitter

© atelier lx architecture design office

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...