既存の建築物との関係

2009.08.07

follw us

  • facebook
  • twitter

ここのところ、既存の建物(もともと建っている建築物)を検討する機会が多くあります。住宅のリノベーション、ビルのリノベーション、母屋のある敷地に増築など。まっさらな土地に建築をする設計とは、また違った検討をしなければいけません。既存建物は、形状、位置、などはほぼ変えられないため、新しい計画をより良い方向にするためには、そこにあった新しいコンセプトが重要になると思います。だからこそ、固定概念のもとには、より良い企画案、設計案は難しいように思います。ただ、これからの時代は、そういった企画力がより必要になってくると感じています。
ようやく日本も、1世代先の建築だけではなく、何世代も先を見据えて建築物をつくっていく社会になりつつあります。
その社会に対して、私たちは、新築でもう一度考え直さなければいけないこともありますし、リノベーションでも同じことが言えると思います。
住宅も、建築物ももう、買う時代から、社会みんなで創る時代に入りかけていると思います。
先日、住宅の打合せを、ご家族(親御さんと娘さん)でしている最中に、奥様が、この建物を次の世代(娘さん)にきちんと渡せるものを作ってほしいと言われました。詳しくはお話されませんでしたが、おそらく、その言葉の真意には、物質的なことも当然そうでしょうが、建築物としての責任(景観、意匠など)も含まれていると感じました。
建築に携わる全ての人に、こういった社会的な責任は、ある、と実感しました。

follw us

  • facebook
  • twitter

© atelier lx architecture design office

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...