商業系建築

Commercial architecture

ブランド戦略から、ロゴ・建築・空間まで
ディテールにもこだわったトータルプロデュース

クリニック、美容院と業種によって目的が変わってくる商業系建築。店舗のブランディングはもちろんのこと、業種を知る、動きを知るためにもクライアントと綿密な打合せを何度も重ねて設計していきます。また、その場所に集う人たちの特徴や趣向、心理的効果なども空間建築にいかしていきます。

導線と動きやすさを保つ、機能的な空間設計

スタッフの動き、お客様を誘導する導線、役割が明確な設備、販売商品群など、店舗には「心地よさ」と同じだけ、その動きや機能を考えた設計が必要です。目的と効果、使いやすさと心地よさ。ブランディングを軸として、同じ空間にありながらもそれぞれの役割を活かせるよう、設計していきます。使う人、集う人に快適な空間を創り出します。

  • Court Salon

    お客様のくつろぐ空間を広く、スタッフエリアはコンパクトに

    優しい香り、いつもと違う音楽、スタッフとのやりとり。ヘアサロンという空間は日常にはない特別な場所。お客様の心地よさを遮ることのない大胆な空間設計も。

    この実績をみる

  • サンドイッチカフェ

    使う人の心地よい設計

    収納代わりにも使えるオリジナルのコーヒーテーブルは、必要に応じて組み合わせるなど、数を増やしていくことも可能に。

    この実績をみる

ブランディングを外さない、細やかな技術

ひとつの大きなコンセプトのもと創られていくブランディング。人々がその空間で特別な時間を過ごせるよう、創造していきます。それは、時に、見えないものが見えるような素晴らしい体験ができる異空間となることも。お客様への配慮もさることながら、ブランディング、エンターテインメント力を兼ね備えた空間設計を心がけます。

  • マシンヘッド

    音と光が奏でる空間

    耳に届く意外にお客様が「音」を楽しむ方法はないかと考えて生まれたマシンヘッドの空間。柔軟な光との協奏で、まるで音が感情を持ち、奏でているような空間を提案。

    この実績をみる

ひとときを豊かにする緑地スペース

建築物の性質上、その物だけでは堅く、時には冷ややかな空間となってしまうことがあります。その中で人が心地よく生きる、過ごすために、自然の力はとても大きい存在。アトリエ ルクスはその自然の力を取り込み、人と自然、建物と緑地の共存する設計にこだわりを持ち、創りあげていきます。

  • Court Salon

    リラックスした空間、緑に癒される時間

    お客様の目線を中庭に向け、他のお客様やスタッフの動きが気にならない設計。緑や光が織りなす穏やかな空間で、ゆったりとした贅沢な時間を味わっていただきます。

    この実績をみる

© atelier lx architecture design office

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...