Works 08

浮床の家 2

ukiyuka 2

3世代をつなぐ光の廊下

follw us

  • facebook
  • twitter

2012年完成 / 愛知県長久手市 / 木造(ラーメン構造)

浮床の家1と築年数45年の既存住宅のリノベーション及びつなぎ廊下の計画です。家族構成もかわり、住み慣れた環境に光の廊下を設け、3世代の家族を緩やかにつなぐ計画としています。
既存の柿の木を取り囲むように全体計画をまとめ、高低差のある敷地に対して浮いた床で外部と内部の一体を計る計画としました。大きくなる住宅ボリュームを外観上も閉塞感を無くし、内部空間も外とのつながりによって開放的な空間となり、透明感の強い風通しの良い住宅としました。

© atelier lx architecture design office

ストーリーのある、モノづくり。

now loading...